ダイエットサプリ比較Navi

燃焼サプリの効果を検証!今度こそダイエットに成功できるかも?

燃焼サプリでダイエット!その効果の秘密とは?

「ダイエットに取り組んでいるのに、思うような成果が出ない」と悩んでいませんか?代謝が衰えた体のままでは、いくらダイエットを頑張っても成功は難しいでしょう。本格的にダイエットしたいのであれば、燃焼サプリの利用をおすすめします。筋トレなどの運動と組み合わせることで、効率的にダイエットすることができます。

とはいえ、燃焼サプリには本当に効果があるのか半信半疑な人もいるでしょう。そもそも燃焼サプリはどのような作用でダイエットに効果があるのでしょうか?利用する前にその効果の仕組みは知っておきたいものです。

そこでこの記事では、燃焼サプリの効果について徹底分析。そのメリットやデメリット、おすすめな人についても詳しくリサーチしました。これを読むだけで、燃焼サプリのすべてがわかります!

燃焼サプリは本当に効果ある?その成分を分析

燃焼サプリと言っても、配合されている成分はさまざまです。その成分によって、主に3つの効果を得ることができます。ここでは燃焼サプリの効果について、その配合成分を通して説明しましょう。

 体の燃焼を高める

ダイエットの成功には、消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。どんなに運動をしても、食べたカロリーに比べて消費カロリーが少なければダイエット効果は上がりません。消費カロリーは体の代謝能力にも左右されます。代謝が低い体では、頑張って運動しても消費できるカロリーには限界があるでしょう。

燃焼サプリには、そのような衰えた代謝をサポートする成分が含まれています。燃焼サプリのメインとなる成分で、その代表的なものは次の通りです。

L-カルニチン

体内に蓄積した脂肪が消費されるためには、脂肪が分解されて遊離脂肪酸となり血液中に放出されなければなりません。この遊離脂肪酸をエネルギーに変えるのは、細胞の中にあるミトコンドリアです。しかし遊離脂肪酸は単独ではミトコンドリアの中に入ることができません。L-カルニチンはこの遊離脂肪酸と結合して、ミトコンドリア内に運ぶ働きをします。

私たちの筋肉細胞(主に「骨格筋」や「心筋」)に多く存在しており、脂質の代謝に必要不可欠な物質です。脂質の代謝(脂質からエネルギーへの変換)は、細胞のミトコンドリア内で行われます。しかし、脂質は単独ではミトコンドリアの膜を通過できません。脂質が体内に取り込まれると脂肪酸に分解され、「脂肪酸」+「L-カルニチン」の結合によりミトコンドリア内に運ばれます。こうして、脂質がエネルギーへ変換され、体内で活用されます。糖質が瞬発的なエネルギー産生を担うのに対して、脂肪酸は持続的なエネルギー産生を担うことで、筋肉や心臓を効率よく動かしています。 つまり、L-カルニチンは脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割を担う成分なのです。 (引用:ILS)

ここで注意したいのは、蓄積した脂肪が分解されて遊離脂肪酸になるためには運動が必要になるということです。L-カルニチンを利用する前提として、運動が必須ということになります。

葛の花イソフラボン

葛の花イソフラボンは近年、燃焼サプリの主成分として注目されている成分です。葛粉などでおなじみの葛の花から抽出した成分で、推定されている効果のメカニズムは、次の3点です。

  • 肝臓内で糖や脂が中性脂肪に合成されるのを抑える
  • 脂肪細胞の中で中性脂肪を分解する
  • 脂肪が消費されるのを促す

 

葛の花イソフラボンの効果は臨床試験でも確認され、その配合されたサプリは機能性表示食品(メーカーの責任で科学的根拠をもとに商品に機能性を表示することを消費者庁に届け出た食品)として販売されています。

葛の花由来イソフラボンが体重に変化を及ぼすかを非配合品と比べた結果、体重が3ヶ月で約1.6kg減少した。(引用:FUJIFILM)

オルニチン

オルニチンは遊離アミノ酸の一種です。主に肝臓内に存在し、有害物質のアンモニアを無害な尿素に変えて解毒を行う働きを担っています。肝機能をサポートすることで肝臓のエネルギー代謝を促進、体の新陳代謝を高めて脂肪の消費を促します

肝臓には、有害なアンモニアを尿素に変えて解毒を行う「オルニチン回路」というものが存在します。この回路においてアンモニアと結合する中間体として重要な役割を果たしています。(引用:グリコ)

コレウス・フォルスコリ

コレウス・フォルスコリはインドやネパールに自生するシソ科の植物です。そこから抽出されたフォルスコリンという成分が脂肪細胞の活性に関わる物質の生成を促し、体内脂肪の消費をサポートする効果が期待できます。

2013年、DHCではコレウス・フォルスコリ(学名Coleus forskohlii)含有サプリメントの有用性検証を目的とする研究結果を発表しました。(オープンラベル試験) コレウス・フォルスコリを(1,000mg、分2)、8週間の投与で、体重および体脂肪量の有意な減少効果が見出されました。(引用:DHC)

 体のめぐりを良くする

体のめぐりを良くすることも、消費カロリーアップに繋がります。めぐりを良くする成分として注目されるのが、活性酸素を除去する抗酸化成分です。増え過ぎた活性酸素は細胞を酸化させ、血管を劣化させるもの。内臓器官を老化させてめぐりを悪くし、代謝も衰えやすくなります。このような活性酸素が除去されることで、ダイエットのサポート効果が期待できるでしょう。

カテキン

緑茶に多く含まれているカテキンは、抗酸化作用が高い成分です。カテキンは抗酸化作用だけでなく、肝臓で行われる脂肪の代謝を活性化する働きがあり、エネルギー消費を高めます。高濃度の茶カテキンを使った実験では、肝臓での脂質代謝が活発になり、脂質の燃焼によるエネルギー消費の増加が起こる可能性も確認されています。(参考:花王)

α-リポ酸

α-リポ酸は体に素早く吸収され、高い抗酸化作用を発揮します。細胞の老化を防止し、めぐりを高めるでしょう。また、α-リポ酸は細胞のミトコンドリア内に存在し、糖や脂肪酸をエネルギーに変える働きをしています。これにより、エネルギー消費を高めることができるでしょう。(参考:ヨミドクター)

血行を良くする

血行を良くすることで、エネルギー消費を高めることができます。体が冷えやすいなど冷え性の人はこちらの成分が配合されているものを選ぶと、より効果を得やすいでしょう。

カプサイシン

カプサイシンは唐辛子の成分です。脳神経に作用してアドレナリンが分泌され、脂肪代謝などエネルギー消費を促します(参考:農林水産省)また、体が温まることで血行を促進、代謝を高める効果が期待できるでしょう。

ショウガ

ショウガにも、体を温めてエネルギー代謝を促す効果があります。ショウガを加熱してできる「ショウガオール」という成分が血管を拡張させて血行を促進することで、体が温まるのです。昔から風邪をひいたときには生姜湯を飲む習慣がありますが、このような働きがあるからです。ショウガは胃にも優しいので、カプサイシンの刺激が強いという人はショウガ配合のサプリを選ぶといいでしょう。

飲む前にチェック!燃焼サプリのメリットとデメリット

燃焼サプリにはメリットとデメリットがあります。利用する前に、こちらを確認しておきましょう。

燃焼サプリのメリット:健康効果も得られる

燃焼サプリに含まれている成分は単に脂肪に働きかけるだけでなく、他の健康効果ももたらします。オルニチンやα-リポ酸はエネルギーを作り出すことで疲労回復効果があり、カプサイシンやショウガは体を温めて冷え性を改善します。カテキンなどの抗酸化成分は肌の老化を防止するなど、美容効果も期待できるでしょう。

ダイエットしながらそれらの健康効果も得たい人は、配合成分に着目して選ぶと良いでしょう。

燃焼サプリのデメリット:胃腸が弱い人には向かないかも

脂肪燃焼サプリに含まれる成分には、カプサイシンなど胃腸に刺激になる成分も含まれています。エネルギー消費の効果が高い分、内臓に負担がかかる場合もあるでしょう。胃腸が弱い人はそのような成分が含まれているものを避けるか、少量から試すのをおすすめします。

また、コレウス・フォルスコリを使ったサプリはお腹がゆるくなる可能性もあるので、こちらも注意が必要です。

効果が出やすい?燃焼サプリがおすすめなのはこんな人

燃焼サプリは運動を併用することで高い効果が期待できますが、特に燃焼サプリの効果が出やすいタイプがあります。次のような人は、ぜひダイエットに燃焼サプリを取り入れてみてください。

  • 運動することが習慣になっている
  • 昔に比べてダイエットしても成果が出ない
  • いつも疲れやすい
  • いつも体が冷えて、血行が悪い

 

飲む前に知っておきたい!燃焼サプリの効果についてのQ&A

燃焼サプリについて、よくある疑問をピックアップしました。

飲むだけでダイエットできる?

他のダイエットサプリでも同じことが言えますが、飲むだけではダイエットできません。燃焼サプリはあくまでダイエットのサポートとして効果を発揮します。例えば、L-カルニチンという成分は、運動によって血中に放出された遊離脂肪酸をエネルギー消費に導く効果があるものです。まず前提として体を動かすことが必要になるのです。

他の成分も同じです。食事は今までと同じ、運動もしないというのでは、思うような効果は期待できないでしょう。飲むだけではまったく効果がないというわけではありませんが、目的の効果を達成するまでには時間がかかることになりそうです。

運動はジムに通うなど本格的なものでなくても大丈夫です。エレベーターでなく階段を使うなど、普段より動きを多くする程度でもいいので、できることから始めてみましょう。

どのくらいの期間で効果が出る?

食事制限や運動量にもよりますが、サプリの効果が出るのは3ヶ月程度をみた方がいいでしょう。サプリは薬と違って穏やかに体になじみながら作用していくもの。人の細胞がすべて入れ替わるのは3ヶ月かかるとされているので、サプリの効果もそのぐらいの期間は様子をみたいものです。

燃焼サプリで目標体重を目指そう!

燃焼サプリの効果について、説明しました。燃焼サプリとは言っても成分はさまざまなので、記事も参考に、自分に合ったサプリを選んでみてください。燃焼サプリは特に「運動をしていても思うように体重が落ちない」という人にピッタリです。運動効率を高め、理想の体重を達成することが期待できるでしょう。