ダイエットサプリ比較Navi

はじめての関節サプリは選び方が大事!初心者さんでもわかる7つのチェックポイントを紹介

関節痛

歩くのがつらい関節の悩み!正座や階段が平気になるサプリはどれ?

階段

何もないところでつまづくことが多い」「階段を下りる時にズキッとする」こんな悩みを抱えて、ひとりで我慢していませんか?「正座をしたくても膝が思うように曲がらない」という人もいますね。

関節の軟骨は年齢と共にすり減り、しだいに歩きにくくなったり痛みを感じたりするようになります。そんな膝の深い悩みには、関節サプリがおすすめ。人知れず悩むより、まずはあなたの関節軟骨に不足しているものを、サプリで補充してみませんか?

この記事では、はじめての人でも満足できる関節サプリの選び方を紹介していきます。「どれがいいのか全然わからなくて決められない」という人でも、この7つを見れば選び方がわかりますよ!

成分は?値段は?もう関節の痛み・不快感を我慢したくない初心者さんにもわかる7つの選び方!

選び方がわからない

サプリを選ぶ時には値段ばかりでなく、見ておきたいところがたくさんあります。関節悩みに寄り添ってくれる成分が入っていることも大切ですし、一見安く見えても、実はそうではないこともあります。

関節がつらいからこそ、サプリ選びはスムーズにしたいですね。選ぶ時はこの7つを基準にチェックしていきましょう!

関節の悩みに合う成分は配合されているか

サプリを選ぶ

サプリを飲むからには、関節の悩みに合う成分が入っていることが何よりも大事です。関節の違和感をラクにする成分はいろいろありますが、代表的なのはこの5つです。それぞれがどのような働きがあるのかを見てみましょう。

◎Ⅱ型コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、関節内でたっぷりの水分を保持している成分です。軟骨の主成分ともいわれるほど含有量が多く、骨の約半分はコラーゲンでできているといわれるほどです。

その中でもII型コラーゲンは特に軟骨に多く含まれている成分で、軟骨の強度としなやかさに大きく影響しています。関節には骨同士の衝撃を抑えるために軟骨がありますが、II型コラーゲンはこの軟骨を覆うように網目状に広がり、私たちの関節を守ってくれているのです。

単体で摂取するよりもグルコサミンやコンドロイチンと一緒に摂取すると良いといわれており、関節サプリの多くでは主役級の成分となっています。

◎プロテオグリカン

サケ

プロテオグリカンはII型コラーゲンの次に軟骨に多い成分です。こちらも保水力が高く、まるでスポンジのように、水分たっぷりとを含むことができます。これにより、プロテオグリカンには、軟骨特有の骨の弾力性を高めて、クッションのように関節を守る役目を期待できます。

原料としては、鮭の軟骨などから採れるものが使われることが多いようです。プロテオグリカンには美容効果もあるといわれており、近年、多くの化粧品などにも取り入れられています。軟骨をケアすると同時に、美肌ケアまでできるので、女性にとってはうれしい成分のひとつとなっています。

◎グルコサミン

グルコサミン

グルコサミンはアミノ酸の一種ですが、軟骨にとって欠かせないプロテオグリカンやの原料となる成分です。また、ヒアルロン酸ともかかわりが深く、しなやかで弾力のある関節にグルコサミンは欠かすことができない成分なのです。

ところが年齢が高くなるにしたがって作られにくくなってしまううえに、食品から摂取することは難しい成分です。サプリに配合されるグルコサミンは一般的にエビやカニ由来のものがよく使われています。そのため、甲殻類アレルギーがある人には摂取は難しいかもしれません。

また、グルコサミンは血糖値を上昇させるといわれており、血糖値が気になる人や糖尿病の人にはおすすめできません

◎コンドロイチン

クッション

コンドロイチンはムコ多糖類という粘り気のある成分です。軟骨同士が近寄って摩擦を生じたりしないように、クッションのような役目をして関節を守っています。また、軟骨がなめらかに動くように潤滑剤としての働きも持っています。

そのため、コンドロイチンが減ってしまうと関節が衝突して痛みが出てしまうことも。コンドロイチンは関節内で適度な空間を維持するのに大切な役目をしているのです。

サプリでもおなじみの成分ですが、食品ではオクラや納豆などの粘り気のある食品に多く含まれています。サプリに使われるコンドロイチンはサメ由来のものが多いようです。

◎ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はわずか1gで2リットルもの水を保持できるという、非常に保水力にすぐれた成分です。粘り気もあり、ややゼリー状になっています。

関節内には「関節包」という袋のようなものがありますが、この中には「関節液」が入っています。そしてヒアルロン酸はこの関節液に含まれています。関節包が関節液が満たされることで、関節がスムーズに動くようになったり、衝撃を吸収したりできるのです。

多くの保湿化粧品にも配合されており、肌の乾燥に悩んでいる人にもおすすめできる成分です。

関節にいい成分の配合量は適切か

天秤

サプリでもっとも気を付けたいのは、本来体に良いはずの成分が過剰摂取になってしまうことです。

食べ物に含まれる栄養素はそれほど大漁ではないので、日常的に食事をしているぶんには過剰摂取にはなりにくいです。ところが、サプリではほんの数粒飲むだけで大量に栄養素を摂取できてしまうので、摂取量をオーバーしてしまって体調不良をきたすことがあります。

たとえばコンドロイチンは成人の場合、1000mg~1500mgほどが目安といわれます(体重にもよります)。ところが市販されているサプリでは配合量が1000mgを超えるものもあり、過剰摂取の懸念が出てしまうことも。サプリだからといって、なんでも高配合なのがいいわけではないことは覚えておきましょう。

複数の成分が入っていれば相乗効果を狙える

相乗効果

関節に良い成分はいろいろありますが、それぞれに役割が違うものです。ひとつの成分だけと大量に摂るのではなく、バランス良く摂取し、相乗効果を狙った方が効果的です。

一例として、グルコサミンは関節にしなやかさや弾力性を与える働きがありますが、プロテオグリカンを作るもととなるという、非常に大切な役割があります。プロテオグリカンは水分を保持してクッション性を維持する成分なので、グルコサミンと一緒に摂取するとより高い効果を期待できることになります。

このようにサプリは過剰摂取には注意が必要ですが、他の成分を助けるものもあります。サプリを購入する時には、ぜひこの相乗効果にも注目してみてください。

なるべく添加物は入っていないほうが良い

添加物

サプリには関節ケアに良い成分だけでなく、甘味料や着色料などの添加物が配合されていることがあります。それぞれに見た目や味を良くする効果はありますが、本来のサプリの使用目的を考えると、必ずしも必要なものとはいえません

また、サプリは毎日長期間にわたって飲み続けるものなので、本来必要ではないものは摂取しないほうがベターでしょう。気になるサプリを見つけたら、以下のような添加物が入っていないかを確認し、なるべく添加物が配合されていないものを選ぶのがおすすめです。

  • 着色料
  • 甘味料
  • 保存料
  • 香料

製造環境は大丈夫?品質を確認

品質管理

サプリは食品なので、品質はしっかり確認しておきたいところです。どのような衛生環境で製造されているのか、汚染されるような環境はないか、安全性は確保できているか、など、毎日飲むものだけに妥協したくない点はたくさんあります。

ただ、これらの品質管理や衛生管理、製造管理などは消費者から知ることは難しいものです。そこで、客観的に評価して合格したものだけに与えられる「GMP認証」がついたサプリなら品質への安心度は高いといえるでしょう。

「GMP」は製造する工場の管理や製造方法などを細かくチェックして評価しています。サプリに記載がない場合は、メーカーの公式サイトなどを見ると書いてあることもあります。気になるサプリが見つかったら、この「GMP認証」がついているかどうかをチェックしてみてくださいね。

長く付き合うからこそコスパは大事!

コスパを考える

あなたは1万円のサプリと1000円のサプリがあったら、どちらを買おうと思いますか?「1万円は高いから1000円にしよう」と思うのではないでしょうか?でも、よく見ると1万円は500粒入り、1000円は30粒入りだったら、ちょっと違ってきますよね。

1万円のサプリは1粒あたり20円、1000円のサプリは33.3円。長い目で見ると1万円のほうが長持ちしそうです。このようにサプリは「何粒入っているか」はコスパ面では非常に大事です。

さらに、「1日に何粒が目安か」を考えてみましょう。1万円のサプリは1日5粒なのに、1000円のサプリは1日1粒だったら、やはり1000円のほうがコスパが高いことになります。

関節サプリを選ぶ時にはいろいろ目移りしてしまうものですが、サプリは長く続けてこそ少しずつ効果を実感できるものです。ある程度長期で飲み続けることが前提となるので、お財布に無理のない価格のものを選びましょう。

宣伝を鵜呑みにせず、口コミもチェック

口コミ

関節サプリには多くの商品があり、検索していると次から次へと出てきて、なかなか思うようなものが見つからないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、「口コミ検索」です。

View this post on Instagram

DHC 極らくらく 最近右ひざが鈍く痛くて以前いただいたDHCのサプリメント「極らくらく」と言うグルコサミンやコンドロイチンが入ったサプリメントを摂っています。 この年で必要になるとは思っていなかったけれど、数日続けてみると違和感がなくなって少しましになったような気がします。あらためて足って大切だなぁと実感しています。 ちゃんと見るとサプリメントに極らくらくと書いてありました。間違えないようにかなぁ。 #DHC #極らくらく #グルコサミン #サプリメント #supplement

A post shared by @ chikapocket_review on

口コミには味や香りなど、実際に飲んだ人にしかわからない情報がたくさん。メーカーのホームページの情報も大切ですが、こういった実際に飲んでみた人の口コミも大きな参考になります。

どのぐらいで効果を実感できたか、飲んでみてどうだったか、自分と同じような症状の人はどうだったか、など、口コミからいろいろなことがわかって選びやすくなりますよ。

こんな落とし穴には要注意!覚えておきたい3カ条

要注意

サプリを選ぶ時には7つのチェックポイントがありましたが、気を付けたいことも3つあります。関節サプリを購入したあとで後悔しないように、ぜひこの3つもチェックしてみてください。

糖尿病の人はグルコサミンは避けるべし!

糖尿病

関節サプリは薬ではありませんが、糖尿病の人が摂取するには注意が必要です。関節サプリに配合されることが多い成分「グルコサミン」は関節の軟骨にしなやかさと弾力性をもたらすと同時に、血糖値を上げる効果があると報告されています。

糖尿病の人や血糖値が気になる人は、関節サプリを購入する際には医師や薬剤師に相談してから選ぶことをおすすめします。

甲殻類アレルギーの人は原材料を見るべし!

甲殻類

グルコサミンは関節サプリには人気の成分で、関節の違和感やつらい膝の動きを助けてくれます。ところが、ほとんどのグルコサミンはエビやカニなどの甲殻類から作られています。甲殻類にアレルギーがある人が飲んでしまうと、アレルギー反応を起こしてしまう危険性があります。甲殻類アレルギーがある人は成分をよく確認してから購入するようにしましょう。

なお、すべてのグルコサミンが甲殻類由来というわけではありません。協和発酵バイオの「植物から生まれた発酵グルコサミン」は植物から作られています。甲殻類アレルギーの人でも飲めることがあるので、購入する時にメーカーや医師・薬剤師などに確認すると安心でしょう。

初回キャンペーン価格は定期縛りの有無を確認せよ!

縛られる

通販で購入するサプリの場合、「キャンペーン」として、初回購入価格が安くなっていることがあります。初めて飲むサプリは合うかどうかがわからないので便利なシステムですが、実はここに落とし穴があることがあります。

初回のみ安く購入して、合わなければ解約できることもありますが、中には「〇回以上の定期購入がお約束」といったルールがあることもあります。「ワンコインで買えると喜んだのに、半年間解約できなくて大きな出費になってしまった」と後悔することがないよう、申し込み前に「1回で解約できるのか」「定期縛りはないか」をしっかりと確認しておきましょう。

関節サプリは7つの選び方できまり!しっかり選んで膝も心も軽くなろう

膝が軽い

関節サプリは歩きづらさや膝が気になり出した人を応援してくれるサプリです。毎日水と一緒に飲むだけで、今までのつらさから解放されたら嬉しいですよね。

ただ、サプリはどれでもいいわけではありません。

  • 成分
  • 配合量
  • 相乗効果
  • 添加物
  • 品質
  • コスパ
  • 口コミ

これらの7つのポイントをしっかりと見て、自分にとってベストなサプリを選びたいものです。

また、関節サプリの中には甲殻類アレルギーがある人や血糖値が気になる人に向かないものもあります。不安がある人は、メーカーのホームページを確認したり、医師・薬剤師に相談してから購入すると安心でしょう。