サプリメント比較Navi

尿酸値ケアサプリに尿酸値は下げる効果はあるの?3つの効果と日常生活のコツを徹底解説!

尿酸値対策サプリ

いまさら聞けない「尿酸値」。高いとどうなるの?サプリがおすすめの理由

疑問

テレビで特集されることもある「尿酸値」ですが、言葉は聞きなれてはいても、実際には尿酸がどんなものなのか、高いとどうなるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

「尿酸」は激痛を伴うことで知られる「痛風」のリスクを高めるといわれているものです。そのため、健康診断などで尿酸値の数値を指摘された人は、下げる努力をすることが健康維持につながります。

特に気を付けたいのは「プリン体」。プリン体は尿酸を作り出すので、普段の食生活でプリン体を多く含む食べ物避けることが推奨されているのです。

ただ、尿酸が増えてしまうのは、食品由来のプリン体だけが理由ではありません。私たちの体内ではつねに古くなった細胞が新しく生まれ変わっていますが、この細胞の新陳代謝を経る過程でどうしても尿酸が生成されてしまうのです。

そのため、どんなに食生活を気を付けても、なかなか尿酸値が下がらない人もいます。尿酸値が気になる人には、ときにはサプリの助けを借りることも尿酸値ケアに役立ちます

どうして尿酸値ケアにサプリがおすすめなの?サプリだからこそできること

サプリ

尿酸が気になる人は、薬で尿酸値を下げることも可能です。ただ、薬で一時的に尿酸値を下げても、また上がってしまっては心配です。

私たちの身の回りにはプリン体を多く含む食べ物や飲み物がたくさん。さらに体内でつねにプリン体が作られているのですから、完全にプリン体を排除することは難しいのです。

大事なのは、プリン体を摂らない・溜め込まない・排出すること。尿酸値ケアサプリには、そんな尿酸値のケアを助ける成分が配合されているのです。

尿酸値ケアサプリにはどんな効果がある?3つの効果でもう尿酸値に悩まない!

OK

尿酸値ケアサプリには、具体的にどんな成分が配合されていて、どんな効果が期待できるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

尿酸の素になるプリン体の吸収を抑えて、そもそも作らせない

ストップ

尿酸が作られるには、プリン体が必要です。私たちは食事からプリン体を摂取したり、体内の細胞が新しく生まれ変わるためにみずからプリン体を作り出したりしていますが、このプリン体が変化して尿酸となります

通常、体内ではおよそ700mgの尿酸が作られているといわれていますが、1日で排出できる尿酸の量もおよそ700mgです。つまり、体内にある尿酸の量と排出される尿酸の量がほぼ同じであれば、問題はないわけです。

ところが、プリン体の量が増えてしまうと、体内の尿酸もどんどん増えていってしまいます。そこで、尿酸のもととなるプリン体が吸収されないようにして、尿酸値をケアしようというのが、尿酸値ケアサプリに期待されている役目のひとつです。

このプリン体の吸収を抑制する作用を持つのは「キトサン」です。キトサンはカニやエビなどの甲殻類の殻に含まれている「キチン」から作られる食物繊維で、尿酸値ケアサプリには配合されることが多い成分です。

尿酸の合成を抑えて、体内に尿酸を溜め込まない

元気

尿酸値を考えるとどうしても悪者にされてしまうプリン体ですが、実はプリン体は細胞の代謝には欠かせないエネルギーのもとです。プリン体がなければ細胞の代謝はできませんし、体内で必要だからこそプリン体が作られているのです。

プリン体は私たちの体の臓器を動かしたり、運動をしたりといった生命の維持に必要なエネルギーを作り出し、エネルギーを使ったあとに燃えカスとして尿酸が作り出されているのです。そしてプリン体が尿酸になるには、肝臓で分解するという工程を経ます

尿酸値ケアサプリには、この「肝臓での分解」を妨げて、尿酸が合成されにくくなるようにする成分があります。成分名としては「アンペロプシン」「アンペロプシン」などがあります。

尿酸の排出を助けて、溜め込んだ尿酸にサヨウナラ

排出

プリン体の摂取や尿酸の合成を抑えても、尿酸の排出がスムーズでなければ体内に尿酸が溜まってしまいます

そもそも、私たちの体は自然に尿酸を排出できる機能が備わっています。ところが尿酸が作られ過ぎたり、排出する力が不足していたりすると、エネルギーの燃えカスである尿酸をきれいに体の外に出すことができなくなってしまうのです。

尿酸値ケアサプリにはこの尿酸を体外に排出する成分が含まれているものが多く、成分の種類も「アンセリン」「アンペロプシン」「クエン酸」「EPA/DHA」「ビタミンC」など、数多くあります。

また、補足的な尿酸を排出する方法として、水をたくさん飲むことが推奨されています。サプリを飲むときにも水を多めに飲むといいかもしれません。

尿酸値ケアサプリを飲んでどうだった?先輩たちの口コミから学ぶサプリの効果

検索

実際に尿酸値ケアサプリを飲んでいる人はどう実感しているのでしょうか?口コミを調査してみました。

尿酸値ケアサプリ体験者

好奇心OLさん

37歳

サプリを試した感想:

嫌な匂いなどは一切なく、クエン酸の酸味がレモンのような…都こんぶのような酸味を感じました。都こんぶのような酸味は極端かもしれませんが、美味しい酸味です。

飲み続けて1週間後くらいに、飲み会がありサワーやビールを計9杯は飲みました。内ビールは4~5杯だったので。これは足がつるかも!と覚悟していましたがつることもなく。
就寝中も酔いながらも来たるこむら返りに心の準備をしていましたが、ありませんでした。

体験したサプリ:
からだ物語 痛快生活

(@cosmeより引用)

尿酸値ケアサプリ体験者

aymさん

 

サプリを試した感想:
尿酸値が9台を推移していましたが、いろいろしらべてこの商品にたどり着きました。低脂肪乳も尿酸値を下げるのに効果があるということなので、アンセリン1日3錠(最近は2錠)と低脂肪乳を3ヶ月普通にとっていたのですが、人間ドックの検査で正常値上限の7.0まで下がりました。続けるのも苦にならないのでこれからも続けようと思ってます。
11人のお客様
体験したサプリ:
DHC アンセリン

(amazonより引用)

尿酸値ケアサプリ体験者

sake55さん

 

サプリを試した感想:

勤務している会社の健康診断で尿酸値が7.8と非常に高かったので、購入して飲み始めました
その後で掛かり付けのクリニックで受診すると6.5と一気に下がったので効果はあったように思います

ただ、私の場合は節酒もしていたのでこのサプリだけではここまでは下がらないのでは、とは思いました
本気で尿酸値を下げたい人はやはり節酒等をした方が良いと思います

体験したサプリ:
ファンケル (FANCL) 尿酸サポート

(amazonより引用)

尿酸値ケアサプリ体験者

痛風太郎さん

 

サプリを試した感想:
2019年1月に尿酸値7.9になり半年前からルテオリンを飲み始めました。12月の検査で5.7まで下がったのでレビューしました。食事は変えていません。白子やイカや飲酒なども特に意識していません。むしろ好物なので店にあれば頼みます。その状況でこの結果なので正直本人が驚いています。以前は毎年1ずつ尿酸値が増えていました。
体験したサプリ:
DHC ルテオリン 尿酸ダウン

(amazonより引用)

尿酸値ケアサプリ体験者

takatakaさん

 

サプリを試した感想:
健康診断の一ヶ月前くらいから足の親指が痛みだしたので服用開始。
レビューも微妙だったので意味ないかな、と思ってたが痛みもなくなっていった。
健康診断の結果は良好。
本当に効いてるのかわかりませんが、自分は効いたと思います。
体験したサプリ:
シードコムス アンセリン

(amazonより引用)

尿酸値ケアサプリ体験者

勝王さん

 

サプリを試した感想:
ディアナチュラのシリーズは、イメージだけですが、まあまあ信用しています。ウェブサイトを見ると、国内工場生産、無着色・保存料無添加など書いてあるし、まあ大手なので変な売り方はしていないようです。アンセリンは魚由来成分で、尿酸値が高めの人用。錠剤は特に魚臭いということはありません。粒が小さく飲みやすいです。1日2粒目安なので、何の抵抗もなく飲めると思います。
体験したサプリ:
ディアナチュラゴールド アンセリン

(amazonより引用)

「サプリを飲んでよかった」という喜びの声がたくさんありました。また、初めてのサプリは味も気になるものですが、原料の味や匂いの有無も口コミが参考になりますね。

食事はどうする?お酒は飲んでもいいの?尿酸値を下げる日常生活のコツ

食事

尿酸値が気になる人には食事制限が必要と聞きますが、どんな食べ物を避けたらいいのでしょうか?また、お酒は良くないともいいますが、会社や仕事の付き合いの酒席ではどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、日常生活で尿酸値と上手く付き合うためのコツを伝授していきます。

キーワードは「プリン体」。食生活からプリン体を遠ざけよう

プリン体

尿酸値が高くなってしまうのはプリン体が原因です。プリン体は体内でも作られているので完全にシャットアウトすることはできませんが、食事でプリン体を避けるように意識していくと、尿酸値の改善を期待できます。

特にプリン体が多い食品には、次のようなものがあります。

  • 煮干し
  • マイワシ
  • 干しシイタケ
  • かつお節
  • サンマ
  • 白子
  • 牛・豚のレバー
  • カツオ
  • ビール

一見、体に良さそうな食べ物が多いのですが、実は尿酸値が気になる人には黄色信号。なるべく避けた方がいいでしょう。

逆に、プリン体が少ない食べ物には次のようなものがあります。

  • 牛乳
  • チーズ
  • 白米
  • 玄米
  • 小麦粉

こちらはダイエットなどで敬遠されがちな食べ物が多いのですが、実はプリン体はかなり少なめ。毎日の食生活に上手く取り入れたいものです。

飲み会でもプリン体オフを選んで賢く尿酸値対策!

お酒

アルコールを摂取すると、尿酸値が上がりやすいことがわかっています。なぜなら、アルコール飲料にはプリン体が多く含まれており、アルコールが分解される時にそのプリン体から尿酸が作られてしまうからです。

そのため、尿酸値が気になる人には基本的にアルコールはおすすめできません。ただ、社会人になるとどうしてもお酒の席に参加しなければならないこともあります。

そんなときはプリン体が少ないお酒を選んで、尿酸値対策をしましょう。

<プリン体が比較的少ないアルコール飲料>

  • ワイン
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • 焼酎

<プリン体が多いアルコール飲料>

  • ビール

また、おつまみはチーズがおすすめです。居酒屋でもワインとチーズは定番のメニューなので、尿酸値が気になるけど付き合いは断れない、という人は、ぜひこの組み合わせを試してみてください。

運動が苦手でも簡単!有酸素運動で尿酸を追い出そう

有酸素運動

尿酸値対策には運動も効果的です。ただ、消耗が激しい筋トレなどはおすすめできません。激しい運動をすると、体内の新陳代謝が活発になって、かえって尿酸を作りやすくなってしまうからです。

尿酸値が気になる人には、日常生活の中で酸素を取り入れながらできる有酸素運動がおすすめです。

<おすすめの運動>

  • ストレッチ
  • 通勤を早足で歩く
  • スローペースのジョギング
  • サイクリング
  • 散歩
  • 水泳

いずれも酸素を取り入れながら行うことが基本です。無理をして三日坊主で終わらないよう、ゆったりと続けていくといいでしょう。

尿酸値ケアサプリの3つの効果で健康不安を吹き飛ばそう!

サプリ
健康診断などで尿酸値を指摘されるとドキッとするものですが、自力でケアしたい人には、尿酸値ケアサプリが心強い味方です。サプリに期待できる効果は次の3つ。

  • プリン体の吸収を妨げる
  • プリン体の分解を妨げ、尿酸を合成されにくくする
  • 尿酸を排出する

食事でプリン体を遠ざけることも効果的ですが、プリン体は体内でも作られているため、できてしまったプリン体を「吸収させない」ことと、尿酸を「合成させない」・「排出する」ことが大切です。

また、お酒を飲む時にはビールよりワイン、運動をする時にはテニスよりストレッチ、と、選択次第で尿酸値対策も可能です。急激な変化は期待できないかもしれませんが、あなたと相性の良いサプリを見つけて、すこやかな毎日を手に入れてくださいね。